リプロスキンの即効性ってあるのでしょうか?

また、即効性と呼ばれる期間はどれくらいなのでしょうか?

リプロスキンの即効性を検証してみる

ニキビのできてしまった肌、消えた後でもクレーター状のニキビ痕が残ってしまうことがあります。

顔に出来た吹き出物は目立つし隠せないし、すぐにでもなんとかしたいものです。

そんな時、今ネットで人気のリプロスキンを使って綺麗になったという声が多く寄せられています。

リプロスキンには果たして即効性はあるのか、またどのくらいの期間で効果を実感する人が多いのでしょうか。

 

ユーザーアンケートによると、リプロスキンを使って変化を感じ始めたのは使用後1ヵ月ほどが60%と最も多く、次いで3ヵ月以上が30%、その他が10%ほどです。

ここから分かるように、使ったら数日でよくなる即効性は少なく、継続使用するほど成果が出やすいようです。

一体なぜそのようになるのでしょうか。

リプロスキンの即効性は少ない?

リプロスキンの主な効能は肌のターンオーバーを整え、表面を滑らかにしながらニキビ痕のデコボコを目立たなくしていくというものです。

肌が再生し生まれ変わるまでのターンオーバーと呼ばれる期間は、平均的に28日程度と考えられています。

この間に古い角質や余分な皮脂なども増え毛穴に付着しますが、表皮の入れ替わりと共に落ち、表面も滑らかになっていきます。

このターンオーバーが乱れたり正常に機能しなくなると、ニキビの原因物質が取れないだけでなく、肌についた老廃物も残留し変質してしまいます。

 

リプロスキンはこうした肌の入れ替わりが滞りなく行えるようにするサポートをし、保湿成分も含んでいるので肌質改善にも助けとなります。

ターンオーバーの周期に合わせて効果を発揮する傾向があるため、使って数日のうちには変化が出にくいのです。

 

つまり時間をかけて肌そのものをニキビができにくい健康的な状態に改善していく、そのような役割があります。

悪い口コミを見てみると・・・

実際にリプロスキンの良くない口コミ投稿の内容を見ると、継続して使用していないために効果を実感できてない事例がほとんどです。

どうしても早く治したい場合には、皮膚科で処方される薬と併用するのが勧められます。

薬はニキビに直接塗布して出来物の中に溜まった原因菌の活動を抑え、余分な皮脂などのゴミを吸い出します。

毎日の洗顔後のお手入れでリプロスキンを使って肌質を整え、気になる部分にはピンポイントで薬を使うのが、効果が表れやすい方法です。

 

ニキビ用と謳っている製品でもその役割は様々です。

気になる肌の出来物を少しでも早く目立たなくするためにはそれぞれの役割に合った使い方で、継続して手入れをすることが最も近道でしょう。