ニキビ痕を目立たなくして肌を滑らかにしていくと評判の化粧水リプロスキンは、ニキビに最も悩む思春期の男女に人気が高いです。

10代に人気のリプロスキン その理由とは?

ユーザーアンケートでは10代の男女に絞った満足度は80%にも上ります。

それには思春期肌特有の性質と、リプロスキンの成分のマッチングに秘密があるようです。

 

肌トラブルとして最も挙がる理由は、20代以降の大人肌の場合が乾燥なのに対して、10代の肌はテカリなど油過多が多いです。

ニキビに悩む10代の男女を対象に行ったアンケートによると、実に2人に1人くらいが自分の肌が脂性だと思うと示されています。

思春期の肌は成長過程にあるため、肌内部の水分と油分のバランスが崩れがちです。

肌には細胞が入れ替わるターンオーバーという現象があり、肌の生まれ変わりとも解釈できます。

そのメカニズムは、新しい肌が再生し生まれ変わりの過程で古い角質や余分な皮脂、毛穴に詰まった汚れなどが落ちていきます。

ターンオーバーの周期は平均で28日と言われていますが、乱れると肌表面の老廃物がたまりやすくなります。

そのため表面に毛穴から皮脂が浮いてきて、ニキビができやすくなります。

思春期ニキビにリプロスキン

リプロスキンはターンオーバーを正常にし、ニキビや吹き出物が目立ちにくい肌へと変えていくサポートをします。

保湿成分であるホメオシールドは水分を補って潤いを保ち、肌細胞の油分と水分のバランスを保ち浸透圧を安定させます。

またホワイトニング成分であるダーマホワイトはニキビ痕の肌をケアします。

ニキビのできた後の肌はデコボコになりごわついてしまうので、当然敏感肌の状態になります。

そこに表面を滑らかにし、ニキビ痕による色素沈着を防ぐ効果が期待されています。

これらの有効成分は浸透率がより高いマイクロソーム構造により、肌の奥深くに浸透してとどまります。

潤いと油分のバランスが取れた状態になると、ターンオーバーが正常化され、同時に古い角質と共にニキビの原因菌をはがしていきます。

 

成長期の思春期の肌は、水分も油分も豊富ですがまだまだ不安定ですが、外側から補給していくことで肌の状態も整いやすくなるのも特徴です。

大人の乾燥肌と異なる点は、水分を閉じ込めておく油分が多いので、こまめに保湿を心がけて行けば再生しやすい点、そして新陳代謝が活発な年代です。

リプロスキンが10代の男女の肌質におすすめできる理由は、そんなアンバランスな部分を補えるようになっているからです。